パソコン工房VR開発向けパソコン
«前の日記(Tuesday 06 January, 2015 ) 最新 次の日記(Saturday 10 January, 2015 )» 月表示 編集

ここに日記はありません


Wednesday 07 January, 2015 [長年日記]

_ MacBookにFreeBSDを (8)

インストール中の画面は写真を撮る以外ではなかなかキャプチャできないのでとりあえず現在のディスクの状況を示す。すでいいろいろなpackageを入れているので使用状況は初期値としては当てにならない。
# gpart show ada0
=>       34  234441581  ada0  GPT  (112G)
         34          6        - free -  (3.0K)
         40     409600     1  efi  (200M)
     409640   78164064     2  apple-hfs  (37G)
   78573704        128     3  freebsd-boot  (64K)
   78573832    4194304     4  freebsd-swap  (2.0G)
   82768136    2097152     5  freebsd-ufs  (1.0G)
   84865288    2097152     6  freebsd-ufs  (1.0G)
   86962440   41943040     7  freebsd-ufs  (20G)
  128905480   41943040     8  freebsd-ufs  (20G)
  170848520   62914560     9  freebsd-ufs  (30G)
  233763080     678535        - free -  (331M)
# df
Filesystem  1K-blocks    Used    Avail Capacity  Mounted on
/dev/ada0p5   1015324  726584   207516    78%    /
devfs               1       1        0   100%    /dev
/dev/ada0p6   1015324  437800   496300    47%    /var
/dev/ada0p7  20307196 4242172 14440452    23%    /usr
/dev/ada0p8  20307196 2709144 15973480    15%    /opt
/dev/ada0p9  30450780   33832 27980888     0%    /home
linprocfs           4       4        0   100%    /compat/linux/proc
Twitter:

_ MacBookにFreeBSDを (9) - srcを取る -

ここから先はMacBookは関係なくて通常のFreeBSDの設定についてなんだが、デスクトップとして使うものを設定するのは久しぶりなので備忘録として手順を記録しておく。元のCD-Rは10.1-RELEASEのものだったのでsecurityを含めたupdateを掛けないといけない。freebsd-updateという便利なものがあるらしいが私はよく分からないのでsrcを取ってくる。以前はcvsupを使っていたが9.0-RELEASEあたりからssubversionでの提供に変わったのでまだあまり慣れていない。Handbookによるとmirrorは四ヶ所しかない。本来であればsubversionをinstallしないとsvnが使えないのであるが、実はbaseにsvnliteというコマンドが含まれておりそのままでsrcを取りにいける。今回私はsrcをinstallせずにsrcを置く/opt/srcディレクトリは空だったのでいきなり
# svnlite checkout https://svn0.us-west.FreeBSD.org/base/releng/10.1 /opt/src
とした。もし空でない場合は元のファイルを消しておいたほうがトラブルになりにくいらしい。
デフォルトではsrcは/usr/srcにあるので
# svnlite checkout https://svn0.us-west.FreeBSD.org/base/releng/10.1 /usr/src
とする。 二回目からはsrcディレクトリで
# cd /opt/src
# svnlite update
とすれば(この場合は最初に取ってきたbase/releng/10.1の)常に最新の内容を取ってこられる。
このサイトが参考になる。

そのあとはお決まりの手順でmakeしてinstall,mergemasterをしたら。
% uname -v
FreeBSD 10.1-RELEASE-p3 #0 r276745: Tue Jan  6 21:39:03 JST 2015
Twitter:

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン) 29980円パソコン工房
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム