パソコン工房VR開発向けパソコン
«前の日記(Saturday 10 January, 2015 ) 最新 次の日記(Monday 12 January, 2015 )» 月表示 編集

ここに日記はありません

過去の日記

Sunday 11 January, 2015 [長年日記]

_ MacBookにFreeBSDを (12) - X11の設定 -

もう一つハードウェアに依存する話があった。X WINDOW SYSTEM (X11) の設定である。 もっとも最近のXorgのX11は自動的に設定される部分が増えてとりあえず全部入れて startxすると起動してしまうのであまり気にすることはないことも確かである。 ただ今回のMacBookの場合はDiskの容量が限られているのでわずかとはいえ余計なものは入れたくない。 最近になってportsにx11/xorg-minimalというものができているのに気付いたので、 とりあえずこれとx11/xtermx11-wm/twmと最低限のものを入れることにした。 ただしXorgではdeviceの制御にhalddbusを使うので/etc/rc.conf
hald_enable="YES"
dbus_enable="YES"
を追加する。

と書いたところで確認してみたらports/UPDATINGに
20141219:
  AFFECTS: users of x11/xorg and all xorg ports
  AUTHOR: dumbbell@FreeBSD.org
 
  The X.Org server (x11-servers/xorg-server) is updated to 1.14. All
  ports which provide X.Org drivers must be updated simultaneously, i.e.
  x11-drivers/xf86-*, emulators/virtualbox-ose-additions, net/tigervnc,
  etc.
 
  The input device autodetection backend is switched from HAL to devd.
  If you configure your keyboard layout through HAL .fdi files, you need
  to migrate this configuration to plain X.Org configuration files.
 
  Up-to-date instructions and a description of the changes brought by
  this update are detailed in a blog post:
 
  http://blogs.freebsdish.org/graphics/2014/11/19/xserver-1-14-update-ready/
 
とあり、HALを使わないような変更が行われたようである。ということで/etc/rc.confには
dbus_enable="YES"
だけでいいのかな。 keyboard layoutの変更などはHALの設定で行われることになっていたが、もういちど確認が必要かな。
X11の設定についてはrootで
# X -configure
とすると自動的に設定されたxorg.conf.newができる。今回の場合は
Section "ServerLayout"
        Identifier     "X.org Configured"
        Screen      0  "Screen0" 0 0
        InputDevice    "Mouse0" "CorePointer"
        InputDevice    "Keyboard0" "CoreKeyboard"
EndSection
 
Section "Files"
        ModulePath   "/usr/local/lib/xorg/modules"
        FontPath     "/usr/local/lib/X11/fonts/misc/"
        FontPath     "/usr/local/lib/X11/fonts/TTF/"
        FontPath     "/usr/local/lib/X11/fonts/OTF/"
        FontPath     "/usr/local/lib/X11/fonts/Type1/"
        FontPath     "/usr/local/lib/X11/fonts/100dpi/"
        FontPath     "/usr/local/lib/X11/fonts/75dpi/"
EndSection
 
Section "Module"
        Load  "glx"
EndSection
 
Section "InputDevice"
        Identifier  "Keyboard0"
        Driver      "kbd"
EndSection
 
Section "InputDevice"
        Identifier  "Mouse0"
        Driver      "mouse"
        Option      "Protocol" "auto"
        Option      "Device" "/dev/sysmouse"
        Option      "ZAxisMapping" "4 5 6 7"
EndSection
 
Section "Monitor"
        Identifier   "Monitor0"
        VendorName   "Monitor Vendor"
        ModelName    "Monitor Model"
EndSection
 
Section "Device"
        ### Available Driver options are:-
        ### Values: <i>: integer, <f>: float, <bool>: "True"/"False",
        ### <string>: "String", <freq>: "<f> Hz/kHz/MHz",
        ### <percent>: "<f>%"
        ### [arg]: arg optional
        #Option     "ShadowFB"                  # [<bool>]
        #Option     "DefaultRefresh"            # [<bool>]
        #Option     "ModeSetClearScreen"        # [<bool>]
        Identifier  "Card0"
        Driver      "vesa"
        BusID       "PCI:0:2:0"
EndSection
 
Section "Screen"
        Identifier "Screen0"
        Device     "Card0"
        Monitor    "Monitor0"
        SubSection "Display"
                Viewport   0 0
                Depth     1
        EndSubSection
        SubSection "Display"
                Viewport   0 0
                Depth     4
        EndSubSection
        SubSection "Display"
                Viewport   0 0
                Depth     8
        EndSubSection
        SubSection "Display"
                Viewport   0 0
                Depth     15
        EndSubSection
        SubSection "Display"
                Viewport   0 0
                Depth     16
        EndSubSection
        SubSection "Display"
                Viewport   0 0
                Depth     24
        EndSubSection
EndSection
となった。これでX11は起動するがせっかくVideoがIntelだと分かっているので(ほとんど効果はないが) x11-drivers/xf86-video-intelをinstallして "vesa"の代わりに"intel"としたものを/etc/X11/xorg.confとした。
一般ユーザーでも$HOMEにX11の設定がない場合にstartxすると/usr/local/etc/X11/xinit/xinitrcの 内容に従って起動する。この中ではtwm、xclock、xtermを起動させている。 とりあえずこれを$HOME/.xinitrcとしてcopyして編集して使うのが楽である。 もっとも後ほど述べるlogin managerを導入する際には$HOME/.xsessionが必要になるので 私の場合は$HOME/.xsessionとしておいて.xinitrcはsymbolic linkとしている。
$ ln -sf .xsession .xinitrc
その他の設定についてはこのサイトが参考になる。

(12/05/2015 追記) この項については内容が変わっているのでの日記を参照のこと。
Twitter:

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン) 29980円パソコン工房
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム